毛内研究室 (お茶大生物) @monai_lab

新着情報 5/21

【予告】3年生仮配属向け、オープンラボ開催予定(詳細は後日)。
6月中はほぼ毎日お昼休み(12:40-12:50)に研究紹介をします。配属を希望しない場合でも、アポ無しで気軽に聞きに来て下さい。個別に相談したい場合は、メールを下さい(1-2年生の訪問も歓迎します!)。
2019年5月20日 研究結果が プレスリリースされました。今回私たちは、脳梗塞 の超急性期に アドレナリン受容体 を阻害すると、脳損傷が最小限に食い止められることを発見しました。脳脊髄液 の クリアランス機構 によって細胞外カリウムイオン濃度の正常化が促進された結果と考えられます。
2019年5月17日 新しい論文がProceedings of the National Academy of Sciencesに掲載されました。
2019年6月3日 12:10-13:10 
第4回いんすぴ!ゼミ開催予定 参加希望はコチラ
2019年8月5日 東京工業大学 大学院 情報理工学院 知能情報コース「生命システムデザイン」の講義を担当します。

研究室紹介動画が公開されました。



View this post on Instagram

NEW VIDEO #linkinbio A lot of research has looked at how neurons talk to each other through synapses, but all the other parts of the brain also have to function and communicate with each other. In the healthy brain, I think all the other cells and molecules are engaged in very sophisticated and dynamic communications. I call this meta-communication in the brain. For more on my research and meta-communication in the brain, watch the new video from CBS called Brain Blast! Science Snacks from Japan: https://youtu.be/84qnFy-63hU Hiromu Monai, Visiting Scientist, Laboratory for Neuron-Glia Circuitry, RIKEN CBS and Assistant professor, Ochanomizu University これまでの研究の大多数はニューロン同士のシナプスを介したコミュニケーションのしくみについてが主流でした。しかし、これだけあるニューロン以外の要素たちもそれぞれに意味があり、互いにやり取りをしていないわけがない、と考えています。 健康な状態の脳では、ニューロン以外の細胞や分子がとてもダイナミックにかつ緻密で洗練された方法でコミュニケーションを行っていると仮定し、その機構を「脳の中のメタコミュニケーション」と名付けました。 最新ビデオシリーズ Brain Blast! – Science snacks from Japan でもっと詳しくメタコミュニケーションをチェック! https://youtu.be/zPDvu4Xlzp8 毛内拡 RIKEN CBS 神経グリア回路研究チーム 客員研究員 御茶ノ水女子大学 助教 photo by T. Nishiyama, video animations by @skeppuccino #理研 #脳科学 #グリア細胞 #研究者 #research #brain #neuroscience #japan #brainblast #riken #rikencbs #science

A post shared by RIKEN Center for Brain Science (@riken_cbs) on