毛内研究室 (お茶大生物) @monai_lab

新着情報 3/22

  1. 2019 (October Admission) Ochanomizu University
    Admission Guidelines for Self-Supporting International Research Students
  2. 2019年度(10月入学) 私費外国人留学生(研究生)の募集
  3. 2019年4月19日 大学院ライフサイエンス専攻 ライフサイエンス論 [19K3116]を担当します。
  4. 2019年3月30日 第9回アジア・オセアニア生理学会連合大会 FAOPS2019で発表します。
    2P-216@神戸コンベンションセンター
  5. 2019年4月27日-28日 放送大学 東京足立学習センターにおいてスクーリング(面接授業)を担当します。
    脳のはたらきと神経伝達 [科目コード 2521563]
    皆様のご受講をお待ちしております。

研究室紹介動画が公開されました。



View this post on Instagram

NEW VIDEO #linkinbio A lot of research has looked at how neurons talk to each other through synapses, but all the other parts of the brain also have to function and communicate with each other. In the healthy brain, I think all the other cells and molecules are engaged in very sophisticated and dynamic communications. I call this meta-communication in the brain. For more on my research and meta-communication in the brain, watch the new video from CBS called Brain Blast! Science Snacks from Japan: https://youtu.be/84qnFy-63hU Hiromu Monai, Visiting Scientist, Laboratory for Neuron-Glia Circuitry, RIKEN CBS and Assistant professor, Ochanomizu University これまでの研究の大多数はニューロン同士のシナプスを介したコミュニケーションのしくみについてが主流でした。しかし、これだけあるニューロン以外の要素たちもそれぞれに意味があり、互いにやり取りをしていないわけがない、と考えています。 健康な状態の脳では、ニューロン以外の細胞や分子がとてもダイナミックにかつ緻密で洗練された方法でコミュニケーションを行っていると仮定し、その機構を「脳の中のメタコミュニケーション」と名付けました。 最新ビデオシリーズ Brain Blast! – Science snacks from Japan でもっと詳しくメタコミュニケーションをチェック! https://youtu.be/zPDvu4Xlzp8 毛内拡 RIKEN CBS 神経グリア回路研究チーム 客員研究員 御茶ノ水女子大学 助教 photo by T. Nishiyama, video animations by @skeppuccino #理研 #脳科学 #グリア細胞 #研究者 #research #brain #neuroscience #japan #brainblast #riken #rikencbs #science

A post shared by RIKEN Center for Brain Science (@riken_cbs) on