学会発表・学術講演(最近のものを抜粋)

2007年度

  • 秋山央子、佐々木成江、小野麻衣子、小林哲幸、小林進、室伏きみ子: ステロールグルコシルトランスフェラーゼの解析
    第59回日本細胞生物学会、福岡国際会議場、2007年5月28日~30日
  • 小川かおり、相星淳一、小池薫、増野智彦、山本保博、小林哲幸
    ラット出血性ショックモデルにおける腸間膜リンパ液の脂質メタボローム解析
    第49回日本脂質生化学会(北海道大学)平成19年6月5,6日
  • 相星淳一、小川かおり、小林哲幸、小池薫、増野智彦、山本保博、腸間膜リンパ液中の脂質メディエータ、 第22回日本Shock学会総会(ロイヤルオークホテル、滋賀県大津市)、5月 10-11日
  • 小林哲幸
    第2回メタボロームシンポジウム
    「動物界におけるスフィンゴミエリン発現の系統発生学的解析」
    東京大学本郷キャンパス医学部研究教育棟 鉄門記念講堂
    2007年11月5-6日
  • 田中秀子、小林哲幸
    ヒラタケ由来溶血タンパク質の多様性とそのリン脂質結合活性について
    第80回日本生化学会
    パシフィコ横浜、2007年12月11-15
 

2006年度

  • 小林哲幸 (招待講演)
    脂質栄養の最新情報
    DHA・EPA協議会第9回総会講演会(虎ノ門パストラル)平成18年5月22日
  • 小林哲幸、津田聡美、小川かおり、島本知英、室伏きみ子
    哺乳動物血清中における環状ホスファチジン酸の生合成
    第48回日本脂質生化学会(日本科学未来館、東京)平成18年6月8,9日
  • Satomi Tsuda, Keiko Moriya-Ito, Shinichi Okudaira, Masayuki Tanaka, Yasukazu Takanezawa, Junken Aoki, Hiroyuki Arai, Kimiko Murakami-Murofushi, and Tetsuyuki Kobayashi: Cyclic Phosphatidic Acid is Produced by Autotaxin in Mammalian Blood
    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress (Kyoto, Japan) from June 18 to 23, 2006
  • Masako Aizu, Natsuko Kita, Kaori Ogawa, Hideshi Kobayashi and Tetsuyuki Kobayashi: Phylogenetic distribution of sphingomyelin and its analogs in mollusca
    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress (Kyoto, Japan) from June 18 to 23, 2006
  • Hisako Akiyama, Narie Sasaki, Maiko Ono, Tetsuyuki Kobayashi, Susumu Kobayashi and Kimiko Murakami-Murofushi: Characterization of UDP-Glucose: sterol glucosyltransferase in the animal
    20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology and 11th FAOBMB Congress (Kyoto, Japan) from June 18 to 23, 2006
  • 小林哲幸
    理研セミナー Supra Biomolecular Forum
    「環状ホスファチジン酸(cPA)の生理機能とその生合成機構」
    平成18年8月4日
    理研 和光市
  • 塚本剛志、相星淳一、小池薫、増野智彦、岸本茂樹、横田裕行、小林哲幸、山本保博
    出血性ショック後の腸間膜リンパ液に存在する炎症性メディエータの検討(口頭発表)
    日本医科大学救急医学講座塚本剛志
    第34回日本救急医学会総会・学術集会、平成18年10月30日-11月1日
    福岡国際会議場
  • 小林哲幸
    PS研究会 招待講演
    「環状ホスファチジン酸の代謝と機能(がん細胞の浸潤抑制)について」
    平成18年11月24日
    東京海洋大学品川キャンパス 7号館リエゾンセンター1階 多目的交流研修室
  • 小川 かおり、相星 淳一、小池 薫、増野 智彦、山本 保博、小林 哲幸 (ポスター発表)
    ラット出血性ショックモデルにおけるリンパ液中の脂質メディエーター解析
    日本分子生物学会2006フォーラム(名古屋国際会議場、名古屋市)平成18年12月6日~8日