生体膜代謝論

平成27年度 授業計画(シラバス)

科目番号 15K3016


  1. 科目区分          大学院の科目
  2. 科目名・単位数    生体膜代謝論 (2単位) Biomembrane Metabolism
  3. 担当者氏名・所属  小林哲幸(人間文化創成科学研究科ライフサイエンス専攻)
  4. 連絡場所          理学部2号館303号室 kobayashi.tetsuyuki@ocha.ac.jp
  5. 履修年次・学期            M1 前期
  6. 受講条件・受講上の注意    専門的内容なので、原則として生命科学コースの院生に限定
  7. 授業の形態                講義・講読
  8. 教科書・参考文献
    教科書:清水孝雄編集、「脂質生物学がわかる」脂質メディエーターの機能からシグナル伝達まで、わかる実験医学シリーズ、2004年、羊土社、梅田真郷編、「生体膜の分子機構-リピッドワールドが先導する生命科学」、2014年、化学同人
    参考書:横溝、村上企画 実験医学、「脂質メディエーターの機能」  羊土社 2009年 8月号、/有田誠企画 実験医学、「炎症・代謝性疾患に潜む脂質メタボリズム」、羊土社、2012年、および最新文献・総説
  9. 評価方法・評価割合
    小論文レポート(50?)/発表/その他(講義に取り組む態度、50?)
  10. 主題と目標
    生体膜を形成する脂質の構造と機能について概説し、膜脂質の代謝、及びその結果として産生される脂質性メディエーターに関する最新の研究・知見を紹介し、考察する。
  11. 授業計画
    1. 本講義についての解説、脂質研究についての現状 (4月7日に説明)
    2. 脂質の分類と分離・精製技術の基礎
    3. 生理活性脂質の同定と定量
    4. 脂質メディエーターの生合成と調節
    5. 脂質メディエーターの細胞膜受容体
    6. 脂質メディエーターと炎症・免疫
    7. 脂質研究トピックス(1)
    8. 脂質研究トピックス(2)
    9. 脂質研究トピックス(3)
    10. 脂質研究トピックス(4)
  12. 学生へのメッセージ
    自主的な学習に心がけ、教科書は予め読んでから講義に臨む。講義途中でも、疑問点があったら積極的に質問をすることを歓迎する。講義時間の他、月曜16:40-18:00を質問時間とする。