修士論文発表会を行いました(2月2日)

大学院理学専攻物理科学コースの修士論文発表会が開催されました。当研究室からは2件の発表がありました

  1. 笹貫 百花
    Asymmetric Dark Matter 模型における 赤外固定点とその現象論的帰結の研究
  2. 大隈 彩菜
    拡張されたヒッグス・セクターを持つ素粒子模型における暗黒物質-核子散乱の抑制機構の分析
カテゴリー: 新着情報 | 修士論文発表会を行いました(2月2日) はコメントを受け付けていません

卒業研究発表会を行いました(2月1日)

物理学科の卒業研究発表会が開催されました。当研究室からは2件の発表がありました

  1. 能勢 千晶
    レプトンフレーバーを破る崩壊を起こす共鳴粒子について
  2. 山本 南緒
    電子陽電子対消滅による重たいレプトン対の生成と崩壊について
カテゴリー: 新着情報 | 卒業研究発表会を行いました(2月1日) はコメントを受け付けていません

研究会で研究発表を行いました (1/20)

研究会 “37th Regular Meeting of New Higgs Working Group” に参加し、研究発表を行いました。

期間:2024年1月20日
場所:大阪大学

  1. 出川智香子
    Electron electric dipole moment and electroweak baryogenesis in a complex singlet extension of the Standard Model
カテゴリー: 新着情報 | 研究会で研究発表を行いました (1/20) はコメントを受け付けていません

他大学でセミナー講演を行いました

博士後期3年の出川智香子が奈良女子大学でセミナー講演しました。

講演者:出川智香子
講演題目:複素スカラー拡張模型における電弱バリオジェネシス
会議名:奈良女子大学素粒子論研究室セミナー
日時・場所:2023/Dec/22、奈良女子大学

カテゴリー: 新着情報 | 他大学でセミナー講演を行いました はコメントを受け付けていません

研究会で研究発表を行いました (12/16-17)

研究会「KEK-NAOJ Student Workshop 2023」に参加し、研究発表を行いました(2件)。

期間:2023年12月16日-17日
場所:オンライン

  1. 小林おき
    Searching for signatures of 2HDM with Z4 symmetry at a muon collider
  2. 犬宮理恵
    Two-component dark matter model with degenerate scalars
カテゴリー: 新着情報 | 研究会で研究発表を行いました (12/16-17) はコメントを受け付けていません