LHCTheory ERC meetingに参加し、研究発表を行いました。(山下公子、D2)

LHCTheory ERC meetingに参加し、研究発表を行いました。(山下公子、D2)

講演題目:Simplified dark matter models with a spin-2 mediator at the LHC
会議名:LHCTheory ERC meeting (URL)
開催日: 2017年3月22日〜3月24日
開催場所:ルーヴァン・カトリック大学、ベルギー

カテゴリー: 新着情報 | LHCTheory ERC meetingに参加し、研究発表を行いました。(山下公子、D2) はコメントを受け付けていません。

本学卒業式・学位授与式が行われました(3月23日)

本学卒業式・学位授与式が行われました。当研究室からは卒研生の4名が卒業、修士(2名)が学位を授与されました。

【進路】
卒研生(4名):NTT東日本、他3名は本学大学院修士課程に進学
修士2年(2名):日産自動車株式会社、株式会社IHI

カテゴリー: 新着情報 | 本学卒業式・学位授与式が行われました(3月23日) はコメントを受け付けていません。

研究論文をarXivに投稿しました。(R. Yahagi)

Title: Cusp singularity in mean field Ising model
Authors: Y. Abe, M. Ishida, E. Nozawa, T. Ootsuka, R. Yahagi

arXiv: 1702.02338 [math-ph](リンク

カテゴリー: 新着情報 | 研究論文をarXivに投稿しました。(R. Yahagi) はコメントを受け付けていません。

卒業研究発表会を行いました。(2月6日)

物理学科卒業研究発表会が行われました。当研究室からは4名の発表がありました。

(1) 速水香奈:力の大統一の可能性探索

(2) 阿部祥歩:QCDによるクォーク対および超対称クォーク対生成の比較

(3) 安間佳奈:ファインマン・ルールとALEPH実験におけるZ→b\bar{b} + X(\mu^+ \mu^-)のイベント超過

(4) 二瓶梢香:電子−陽電子散乱におけるスカラー型・ベクトル型相互作用の特徴

カテゴリー: 新着情報 | 卒業研究発表会を行いました。(2月6日) はコメントを受け付けていません。

修士論文発表会を行いました。

物理科学コースの修士論文発表会が行われました。当研究室からは二名の発表がありました。

(1) 長島瞳: LHCにおけるストッポニウム探索可能性について

(2) 下華奈子: Search for charged lepton flavor violation at the ILC

カテゴリー: 新着情報 | 修士論文発表会を行いました。 はコメントを受け付けていません。