研究業績

近年の主な査読付き論文 (*責任著者)

2019

  • Hughes S, Vrinds I, de Roo J, Franck C, Shimeld SM, Woollard A,* Sato A. 

DnaJ chaperones contribute to canalization. – Journal of Experimental Zoology Part A 2019: 331: 201-212.


2018

  • * Sato A

Chaperones, canalization and evolution of animal forms. – International Journal of Molecular Science 19(10): 3029


2015

  • * Sato A, Kawashima T, Fujie M, Hughes S, Satoh N, Shimeld S.

Molecular basis of canalization in an ascidian species complex adapted to different thermal conditions. – Scientific Reports 5: 16717
pubme


  • Simakov O, Kawashima T, Marletaz F,  Jenkins J, Koyanagi R, Mitros T, Hisata K,  Bredeson J, Shoguchi E, Gyoja F, Yue J-X, Freeman B, Peshkin L, Sasaki A, Hikosaka-Katayama T, Sato A, Fujie M, Baughman K, Levine J, Gonzalez P, Cameron C Humphreys T, Su Y-H, Putnam N, Schmutz J, Fujiyama A, Yu J-K, Tagawa K, Worley KC, Kirschner M, Lowe CJ, Satoh N, Rokhsar DS, Gerhart J.

Hemichordate genomes and deuterostome origins.  – Nature 527: 459-65
pubme


  • Pennati R, Ficetola F, Brunetti R, Caicci F, Gasparini F, Griggio F, Sato A, Stach T, Kaul-Strehlow S, Gissi C, Manni L.

Morphological differences between larvae of the Ciona intestinalis species complex: hints for a valid taxonomic definition of distinct species. – PLoS One DOI: 10.1371/journal.pone.0122879pubmed


2014

  • Sato A*, Shimeld S M and Bishop J D D

Symmetrical reproductive compatibility of two species in the Ciona intestinalis (Ascidiacea) species complex, a model for marine genomics and developmental biology. Zoological Science, 31 (6) 369-374pubmed


2012

  • Sato A*, Satoh N and Bishop J D D

Field identification of ‘types’ A and B of the ascidian Ciona intestinalis in a region of sympatry. Marine Biology, 159: 1611-1619pubmed


2009

  • Sato A*, White-Cooper H, Doggett K & Holland P W H*

Degenerate evolution of the hedgehog gene in a hemichordate lineage. Proceedings of the National Academy of Science USA 106: 7491- 4 (2009)pubmed


2008

  • Sato A* and Holland P W H

Asymmetry in a pterobranch hemichordate and the evolution of left-right patterning. Developmental Dynamics 237: 3634-9 (2008)pubmed


  • Sato A*, Rickards R B and Holland P W H

The origins of graptolites and other pterobranchs: a journey from ‘Polyzoa’. Lethaia 41: 303-316 (2008)pubmed


  • Sato A*,Bishop J D D and Holland P W H

Developmental biology of pterobranch hemichordates: history and perspectives. Genesis 46: 587-91 (2008)
pubmed


  • Sato A*

Seasonal reproductive activity in the pterobranch hemichordate Rhabdopleura compacta. Journal of Marine Biological Association of the UK, 88, 1033-1041 (2008)


  • Shibata, T F, Sato A, Oji T, & Akasaka K.

Development and growth of the feather star Oxycomanthus japonicus through to the sexual maturity. Zoological Science 25 : 1075-1083 (2008)pubmed

 

 

近年の主な招待講演

2018

  • “環境とかたちの進化”. 千葉大学大学院理学研究院, 2018年11月9日
  • “Chaperones, canalization and evolution”. 東京工業大学 科学技術創生研究院 田口研究室, 2018年9月20日
  • “Role of DnaJ in developmental robustness and canalization”. Euro Evo Devo meeting, Galeway, アイルランド, 2018年6月27日 (selected contribution talk)

2017

  •  “カタユウレイボヤの種分化と環境適応について”. 日本動物学会 第88回年会 関連集会 第36回 ホヤの生物学座談会 富山大会, 2017年9月21日
  •  “Origin of novelty”. Department of Life Sciences, ロンドン大学 インペリアルカレッジ  2017年7月21日
  • “Origin of novelty”. Coffee Time Talk, Marine Biological Association of the UK (英国海洋生物学研究所), 2017年7月18日

2016

  •  “自分にしかできないことをみつけよう”. 新領域創成科学研究科主催 FSMSIシンポジウム、東京大学大学院新領域創生科学研究科, 2016年10月22日
  • “Endoplasmic reticulum chaperones control developmental buffering under thermal stress”. Euro Evo Devo meeting, ウプサラ, スウェーデン, 2016年7月28日 (selected contribution talk)
  •  “Nothing in Biology makes sense except in the light of environment”. 第2回若手研究者との交流セミナー、九州工業大学, 2016年2月12日
  • “The endoplasmic reticulum chaperones control canalization in animal development under environmental stress”. SICB meeting, ポートランド(アメリカ・オレゴン州), 2016年1月5日(selected contribution talk)

2015

  • “Molecular basis of developmental robustness: Maternal control over organismal adaptation?”. Ecotoxycology Seminar Series, School of Life and Environmental Sciences, エクセター大学(イギリス), 2015年12月7日
  • “Molecular basis of developmental buffering: A key to understand interface of environment and evolution?”. Evolution and Development Seminar Series, Department of Zoology, ケンブリッジ大学(イギリス)、 2015年8月5日
  • “Environmental risks on animal development and evolution”. AXA Research Fund, 東京、2015年2月9日

2013

  • “半索動物翼鰓類のゲノム科学への展望”. 動物学会関連集会シンポジウム「Ambulacrariaのゲノム科学に踏み出す」、岡山、2013年9月26日
  • “脊索動物の起源とその進化:フサカツギとホヤの研究から”. 東邦大学、2013年7月1日
  • “科学するということ”. 東京大学大学院新領域創成科学研究科、「生命科学概論」2013年6月15日
  • “Eco-Evo-Devo: An approach to decipher the evolutionary process”. 筑波大学、2013年5月22日

2012

  • “Maternal inheritance of thermal tolerance facilitate monitoring ecological and evolutionary change under climate change”. Euro-Evo-Devo meeting, リズボン(ポルトガル) 2012年7月10-13 日 (selected contribution talk)
  • “Eco-Evo-Devo: An approach to decipher the evolutionary process”. Gene Reg Meeting, オックスフォード・ブルークス大学(イギリス), 2012年5月4日

2011

  • “Deciphering the evolutionary process of the vertebrate origins”. Departmental Seminar, Department of Integrative Zoology, ウイーン大学(オーストリア)、 2011年11月15日
  • “Deciphering the evolutionary process of the vertebrate origins”. NMSETLE Seminar Series, ロンドン大学・クイーンメアリー・カレッジ(イギリス)、2011年6月29日
 

 

近年の主な社会奉仕活動

Special Tanner Lecture

お茶の水女子大学 (2016年 5月18日)

Nick Brown氏(オックスフォード大学 リネカーカレッジ学長)と共同で、Special Tanner Lectureを誘致。Tanner Lectures on Human Values より $52400 の助成を得て、キャロル・ブラック氏(ケンブリッジ大学 ニューナムカレッジ学長)を講演者として招聘。元文部科学大臣 遠山敦子氏 にもゲスト講演をいただき、21世紀の女性の生き方について考える機会となった。1200名あまりの聴衆が集まり、大盛況に終わった。

http://www.ocha.ac.jp/tanner/

Linacre Seminar, 2012-2013

オックスフォード大学、リネカーカレッジ

学生・職員の枠組みを超え、異分野交流を目的とした研究発表のセミナー・シリーズ。隔週で開催。


Jenkinson Memorial Seminar, “Developmental biology of mollusks”

オックスフォード大学、2011年10月19日

Jenkinson Fundからの助成を受け、貝の発生の最近の研究について、日本と英国からの3人のゲスト・スピーカーを招いて開催。


Evo-Devo Group meeting, 2011-2013

オックスフォード大学、Evolution & Development Group, Department of Zoology

グループメンバーによる研究発表を行う毎週のセミナー・シリーズ。


Evo-Devo Meeting

オックスフォード大学, 2009年5月8日

学部内の学生と大学院生に加え、外部から3人のゲスト・スピーカを招いて開催。


Hemichordates – Genes, Development and Evolution

オックスフォード大学, 2009年7月13日。

世界初の半索動物ワークショップ。日本、アメリカ、イギリス、フランスなどから10人のスピーカーを招待して開催。英国発生生物学会、英国遺伝学会、ASTOR Travel Fundなどから協賛を得る。