近松研究室は2021年10月にスタートした固体物理化学を研究する研究室です。

固体物質は原子や分子が凝集して出来ており、元素の組み合わせや構造の違いによって多彩な性質を示します。当研究室では、原子レベルで制御する結晶成長法に様々な化学反応を組み合わせて、新しい機能物性を持つ固体物質を創出する研究を行っています。また、先端分析技術や理論計算を活用し、化学反応機構・物性発現機構を解明する研究にも取り組んでいます。

研究や進学に関するお問い合わせは、近松まで直接メールにてご連絡下さい。

お知らせ


2024年2月14日
NEW! 二硫化タンタル三角結晶のエピタキシャル成長に関する論文がCrystEngComm誌に掲載されました。東邦大との共同研究の成果です。

2023年12月5日
近松がMini Workshop on Functional Materials Scienceで招待講演を行いました。

2023年10月24日
M1上垣外さん、M1佐野さんがThe 14th APCTP Workshop on Multiferroicsでポスター発表を行いました。

2023年10月2日
2023年度後期より新メンバーが配属されました。

2023年9月26日
M1上垣外さん、M1佐野さんが第84回応用物理学会秋季学術講演会で口頭発表を行いました。

2023年8月17日
層状酸化物単結晶薄膜のトポケミカルフッ化反応に関する研究紹介記事が「表面と真空」誌に掲載されました。

2023年7月6日
コバルト酸化物の異方的なプロトン伝導に関する論文がAppl. Phys. Lett.誌に掲載されました。北大、東大との共同研究の成果です。

2023年7月6日
フレキシブルフェライトナノシートに関する論文がJpn. J. Appl. Phys.誌に掲載されました。北大、東大との共同研究の成果です。

2023年7月6日
ガリウム酸硫化物に関する論文がInorg. Chem.誌に掲載されました。NIMSとの共同研究の成果です。

2023年6月9日
マンガンモリブデン酸化物薄膜に関する論文がJ. Mater. Chem. C誌に掲載されました。北大、東大との共同研究の成果です。

連絡先・アクセス

連絡先

近松 彰
お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系
理学部化学科/大学院人間文化創成科学研究科理学専攻
〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1 理学部1号館326号室
Phone: 03-5978-5335
E-mail: chikamatsu.akira[at]ocha.ac.jp(※[at]の部分を@に変えて下さい。)

アクセス

交通アクセス・キャンパスマップはこちらをご参照下さい。