日本物理学会における講演

2017年

日本物理学会2017年秋季大会(宇都宮大学峰キャンパス、2017年9月12日〜15日)

  1. 福田裕香, 河野能知, 曺基哲
    電子・陽電子コライダーによるレプトン・フレーバーを破る4体フェルミ相互作用の探索 (13pS31-2)
  2. 山下公子、 菅本晶夫、他3名
    パリティが破れた場合に一般化されたハイゼンベルグ=オイラー公式 (13pS31-8)
  3. 山下公子、 菅本晶夫、他3名
    真空複屈折実験を通したDark sectorの探索可能性について (13pS31-9)
  4. 山下公子、他3名
    スピン2の粒子を媒介とした暗黒物質模型へのLHCからの制限 (14aT21-9)
  5. 齋藤麻由美、他1名
    南部のダイナミクスに対するシンプレクティック積分法の応用 (15aS33-9)

日本物理学会第72回年次大会(大阪大学豊中キャンパス、2017年3月17日〜20日)

    (発表なし)

2016年

日本物理学会2016年秋季大会(宮崎大学木花キャンパス、2016年9月21日〜24日、金沢大学角間キャンパス、9月13日〜16日)

  1. 下華奈子、曹基哲
    Search for lepton flavor violation in an e e collider (21aSC-2)
  2. 山下公子、曹基哲、他4名
    スピン2の粒子を媒介とした暗黒物質模型への制限とLHCでの探索可能性について (21pSC-9)
  3. 齋藤麻由美、菅本晶夫、他3名
    非可換空間上の流体シミュレーション (16aAH-5)

日本物理学会第71回年次大会( 東北学院大学、2016年3月19日~22日)

  1. 山下公子、菅本晶夫、他3名
    再加熱過程におけるインフラトンと複素スカラーを用いたバリオン数生成機構 (21pAL-4)

2015年

日本物理学会2015年秋季大会( 大阪市立大学、2015年9月25日~28日)

  1. 齋藤麻由美、菅本晶夫、他4名
    非可換空間上の流体に対する数値解析 (28pSC-4)
  2. 矢萩量子、菅本晶夫
    河口幾何によるラグランジュ形式の超弦理論への応用 (28pSC-7)

日本物理学会第70回年次大会( 早稲田大学、2015年3月21日~24日)

  1. 齋藤麻由美,菅本晶夫、他4名
    非可換空間上の流体シミュレーション (21pDA-13)
  2. 馬塲一晴、他3名
    インフレーションに関する観測量の流体模型及びF(R)重力理論における描像 (21aDM-2)

2014年

日本物理学会2014年秋季大会( 佐賀大学本庄キャンパス、2014年9月18日~21日)

  1. 山下公子,曹 基哲、他2名
    LHCにおける前方検出器を用いた余剰次元模型の検証 (19aSD-6)
  2. 齋藤麻由美,馬塲一晴,菅本晶夫
    Hydrodynamics on non-commutative space (20aSF-11)
  3. 馬塲一晴,他3名
    量子補正を含むR2重力理論でのインフレーション宇宙論 (18aSA-1)
  4. 斎藤那菜,他
    大型低温重力波望遠鏡(KAGRA)プロジェクトの現状 (20aSB-1)
  5. 江尻悠美子,権藤里奈,鈴木理恵子,西田恵里奈,他
    スペース重力波アンテナDECIGO計画(55):DECIGO/DPFの概要 (21aSB-4)
  6. 二階堂瑞希,他
    スペース重力波アンテナDECIGO計画(57):試験マス (21aSB-6)

日本物理学会第69回年次大会( 東海大学、2014年3月27日~30日)

  1. 大野慶子、曹基哲
    Radion in Randall-Sundrum model at the LHC and photon collider (30pSB-10)
  2. 馬塲一晴、他2名
    モジュライインフレーションでの大域的磁場生成並びに曲率揺らぎの非ガウス性とテンソル/スカラー比 (28aTT-3)
  3. 斎藤那菜、他
    大型低温重力波望遠鏡(KAGRA)プロジェクトの現状 (27aTL-1)
  4. 江尻悠美子、権藤里奈、鈴木理恵子、他
    スペース重力波アンテナDECIGO計画(50):DECIGOのサイエンス (28aTL-1)
  5. 二階堂瑞希、他
    スペース重力波アンテナDECIGO計画(51):干渉計・信号処理 (28aTL-2)
  6. 二階堂瑞希、他
    スペース重力波アンテナDECIGO計画(52):試験マス (28aTL-3)
  7. 斎藤那菜、他
    重力波測定器におけるスクイージングと光バネの移動 (28aTL-9)

2013年

日本物理学会2013年秋季大会( 高知大学、2013年9月20日~23日)

  1. 松尾光、曹基哲、他1名
    Implication of large Aν in non-decoupling MSSM scenario at collider experiments (20pSE-9)
  2. 鈴木健司、他2名
    非可換空間上の有限温度ホログラフィックQCDにおけるバリオン数カレント(20pSK-3)
  3. 増田暢
    開弦の場の理論における二重ブレーン解周りの物理的励起について(21aSF-4)
  4. 四谷佳穂、曹基哲
    Constraints on extra U(1) models from perturbative gauge coupling unification (21aSK-13)
  5. 大野慶子、曹基哲、他1名
    ラディオン質量に対するヒッグス探索実験からの制限 (23aSF-11)
  6. 斎藤那菜、他
    大型低温重力波望遠鏡(KAGRA)プロジェクトの現状 (22pSR-1)
  7. 斎藤那菜、菅本晶夫、他
    デチューンをした干渉計におけるオフセット問題の解決III (22pSR-11)
  8. 二階堂瑞希、他
    スペース重力波アンテナDECIGO計画(46):干渉計・信号処理 (23aSR-10)
  9. 二階堂瑞希、他
    スペース重力波アンテナDECIGO計画(47):試験マスモジュール (23aSR-11)

日本物理学会第68回年次大会( 広島大学、2013年3月26日~29日)

  1. 米山京子、他2名
    Progress in Gauge-Higgs Unification on the Lattice (26pRE-6)
  2. 大野慶子,曹基哲
    Constratins on radion mass from search for Higgs boson at the LHC (27pRE-15)
  3. 坂下あい、他3名
    球状ベシクルに内包されたベシクルの形状決定機構の解明 (28pXC-6)
  4. 権藤里奈,斎藤那菜、他
    大型低温重力波望遠鏡(KAGRA)プロジェクトの現状(3) (26aBE-1)
  5. 斎藤那菜、他
    重力波検出器における光スクイージング技術の応用 (26pBE-10)
  6. 権藤里奈、他
    スペース重力波アンテナDECIGO計画(41):DPF干渉計・試験マス (27aBE-10)
  7. 矢萩量子、他
    四元数変数を用いた重力理論 (29aBB-5)