水域生態系の「環境保全」と「有効利用」を目指して

 水域生態系を支えている一次生産者 (アサクサノリ、マリモ、カサノリ、ヒジキ、海中林、海産被子植物、海産大型藻類など) に注目し、種や種内個体群の遺伝的特性や生理・生態学的特徴の理解、環境適応に関する分子進化の解明など、水域に生育する「植物」の多様性や適応能力について研究しています。

 また、絶滅危惧種の保全生態学、藻場の再生・造成、海洋植物の遺伝子健康診断、有用種・有用株のスクリーニングとDNA鑑定、遊離アミノ酸に関する呈味性解析、EPAなど不飽和脂肪酸と生育環境・種との関係性など、水域生態系の環境保全と有効利用に関する応用研究にもチャレンジしています。

 今後の地球環境と人のより良い生活のために、水域生態系を支える一次生産者の果たす役割は非常に大きく、当研究室で得られた新知見は、かけがえのない地球環境や豊かな自然と共存するための大切な財産となり、より良い社会を願う想いとともに将来へつなぎます。 


ラボ・ポリシー

 みんなも知りたい未解明のいきものの不思議を、社会や自然環境に貢献できる世界初の知見を、教員とラボメンバーみんなと一緒に、粘り強く探求・解明・発見・発信していきたいと考えているラボです。

 

 学生本人がリーダーシップを取り、ラボ内〜学外の研究者と協力しあうことで研究活動を促進し、リーダーとしての困難や問題解決の達成感を体験することで、リーダーの資質・頑張る力を育みます。

 

 それぞれの思い描くキャリアプランを実現させるために、教員やラボメンバーとの近い距離感を大切に、安心・安定した環境の下、世界で戦える「強さ」だけでなく、「優しさ」「調和」「バランス感覚」など、様々な能力を開花させていきたいと考えています。

 

 卒業してから始まる女性にとって厳しい航海が順風満帆にいくように、困難に直面したときに周りの協力を得てその壁を乗り越えられるように、問題解決能力・協調性・人間性を磨きあげ、社会で活躍するための基盤を構築をします。

 

当研究室でおこなわれている研究課題

材料

海産被子植物 海産大型藻類 淡水大型藻類

 

分野

環境適応分子進化学 保全生態学 系統地理学 生理生態学 植物系統学 海洋生化学 食品栄養学

 

科研費等、主要外部資金研究課題

  1. 2019年度 エスペック地球環境研究・技術基金「海中林の保全・再生手法の開発 -忌避物質と高温耐性に注目して-」研究代表者(2019)
  2. 2019年度 未来のみなとづくり研究助成「海中林を構成する海藻類の遺伝子健康診断 -遺伝的多様性・近交度調査-」研究代表者(2019)
  3. 科学研究費補助金(基盤研究B)、「環境変化に対するストレス応答と生産量予測から探る海の森の成立と衰退,将来予測」、研究分担者  (2016-2018)
  4. 植物研究助成 「伊豆半島における海洋植物の多様性調査」、研究代表者(2015-2018)
  5. 科学研究費補助金(基盤研究C)、「日本近海に広域分布する海藻類の多種系アプローチによる比較系統地理学的解析」、研究代表者  (2014-2017)
  6. 藤原ナチュラルヒストリー振興財団 第22回学術研究助成申請書[植物学]「緑藻アオサ・アオノリ類における種分類の再構築」、研究代表者(2014)
  7. 平成23年度募集第1期CREST 「藻類・水圏微生物の機能解明と制御によるバイオエネルギー創成のための基盤技術の創出」 「藻類完全利用のための生物工学技術の集約」研究代表者:植田充美(京大)(2011-2016)、研究協力者
  8. とうきゅう環境財団 調査・試験研究助成 「多摩川における絶滅危惧I類アサクサノリの生育特性、繁殖特性および保全対策について」研究代表者(2011-2012)
  9. 平成23年度 イノベーションシステム整備事業、「愛南町海域ブランド化ヒジキの作出」研究代表者:松原孝博(愛媛大) 共同研究者(2011)
  10. 平成23年度 共同研究用経費 「植物の環境応答に関する調節機構と進化プロセスの解明」研究代表者(2011)
  11. 科学研究費補助金(基盤研究C)、「環境変動が温耐性海藻分布南限群落の群落形成に及ぼす影響」、連携研究者  (2010-2013) 研究代表者:寺田竜太(鹿児島大学)
  12. 科学研究費補助金(基盤研究C)、「緑藻アオサ・アオノリ類の種分類と種分化に寄与した環境適応分子進化に関する解析」、研究代表者  (2010-2013)
  13. 平成21年度 クリタ水・環境科学振興財団研究助成「絶滅危惧海洋植物カサノリ属藻類の保全と水環境の評価」研究代表者(2009)
  14. 平成21年度 日揮・実吉研究助成金「緑藻カサノリの保全にむけた生態学的研究」研究代表者(2009)
  15. 平成19年度北海道大学重点配分経費(プロジェクト経費)「若手研究者の研究支援」、海洋植物の環境適応に関する遺伝子進化の解明~淡水へ,深所へ,そして南極へ~、研究代表者(2007)
  16. 財団法人ソルト・サイエンス研究財団 平成19年度研究助成、海藻類の耐塩性メカニズムの解明~緑藻アオサ属藻類の耐塩性遺伝子群の探索を通して~、研究代表者(2007)
  17. ノーステック財団「研究開発助成事業」研究開発シーズ育成補助金、排ガスCO2を利用した海藻類のバイオプラントの実施に向けて、研究代表者(2005)
  18. 科学研究費補助金(若手研究A)、河川アオノリの分子生物地理学的研究および低塩分耐性と形態形成に関する解析、研究代表者  (2005-2007)
  19. 科学研究費補助金(基盤研究C)、熱帯・亜熱帯産紅藻ムカデノリ科の系統分類学的研究、研究分担者  (2004-2006)  研究代表者:川口栄男(九州大学)
  20. 農水省民間結集型アグリビジネス創出技術開発、胞子及び発芽体集塊法を活用した高密度海藻陸上養殖システムの開発、研究分担者 (2003-2005)
  21. 科学研究費補助金(若手研究B)、緑藻アオサ・アオノリ類の系統分類学的研究と形態・生殖進化の解明、研究代表者 (2003-2004)
  22. 昭和聖徳学術研究助成、緑藻イワヅタ属の系統分類学的研究、研究代表者(2002)
  23. 文部科学省新世紀重点研究創生プラン(RR2002)、ナショナルバイオリソースプロジェクト「藻類の収集・保存・提供」、サブ機関研究代表者  (2002-2006)
  24. 科学研究費補助金若手研究(B)、緑藻ミル属の系統分類学的研究と形態形成の解明、研究代表者 (2001-2002)

 

研究室所属学生の就職・進学先

アサヒビール(研究職) キリンビール(研究職)

グリコ乳業(総合職) P&G(総合職) JT(総合職)

東京証券(総合職) NTT東日本(理系総合職) 

オリエンタルランド(総合職) 劇団四季(総合職) 

NHK(技術職:音響) 日テレ系(総合職)

東京電力(総合職) 東京ガス(理系総合職)

TG情報ネットワーク(総合職) NTTグループ(総合職)

フジ通IT系(SE) 経営コンサル系(総合職)

日本製紙クレシア(総合職)

環境アセス系(総合職)

環境保全NPO 

 

東大(院進) 京大(院進)

東大(PD) 北海道大(PD)

国立遺伝学研究所(研究員)

 

私立女子中高(教員) 市役所(職員)