新着情報一覧

Kamijyo et al (2015)の論文がInternational Journal of Developmental Biologyに掲載されたAlbuixech-Crespo, B. et al.で引用されました。
Gojobori et al (2017)の論文がAlzheimer's & Dementiaに掲載されたMaudsley S. et al.で引用されました。
2018年度が始まります。
O. T. Kim, K. Yura and N. Go (2006)の論文がThe Royal Society of Chemistryに掲載されたQin W.H. et al.で引用されました。
Hoshina, S., Yura, K., … Waga, S (2013)の論文が書籍DNA Replicationで何回も引用されました。
隣の千葉研究室との共同論文が出版されました。
iMusta4SLC が稼働開始しました。
CoDPが復旧しました。
Kaneko, et al. (2004)の論文がJournal of Applied Glycoscienceに掲載されたSuzuki, R. et al.で引用されました。
2017年度学生表彰式がありました。
Yura, Hayward (2009)の論文がBio-Algorithms and Med-Systemsに収録されたPtak M., et al.で引用されました。
Hijikata et al. (2015)の論文がJournal of Molecular and Cellular Cardiologyに掲載されたDinca, AA. et alで引用されました。
Yura and Hayward (2009)の論文がJournal of Structural Biologyに掲載されたKoike et al.で引用されました。
研究室合宿ゼミが無事に終わりました。
Imanishi T, Itoh T, et al. (2004)の論文が「Brachypodium Genomics」(Methods in Molecular Biology 第1667巻)の「Information Resources for Functional Genomics Studies in Brachypodium distachyon.」で引用されました。
Kobayashi, E., Yura, K. et al.(2013)の論文がJournal of Inorganic Biochemistryで引用されました。
Hoshina, S., Yura, K., … Waga, S (2013)の論文がMolecular Biology of the Cellで引用されました。
由良教授がベトナム科学技術機構で9月22日に講演します。
樋口明子(博士課程3年生)のポスター発表がISCB Community Journalにアップロードされました。
タンパク質立体構造を加味した配列アラインメントALAdeGAPのウェブサイトがもうすぐ復活
8月28日(月)午後に、Pythonの授業開講
Inoue, ... Yura, ... Tanatani (2015)の論文がKobayashi et al. (2017)で引用されました。
由良教授、8月30日のBINDS公開シンポジウムで講演します。
Suzuki, Yura (2016)の論文がEditors' Choice Award 2017を受賞しました。
Kuppuraj, G. et al (2014)のFADの論文が、Lungu, C.N. (2017)に引用されました。
Kikuchi, H. et al. (2000)の論文が書籍New Approaches in Biological Researchの第1章で引用されました。
日本生物物理学会誌に由良教授の記事が掲載されました。
Hoshina, S., Yura, K., ... Waga, S (2013)の論文が引用されました。
由良教授、CBI学会講演会で発表します。
メンバーリストを更新しました。

続きを見る