新着情報一覧

11月22日の午後に、海洋生物ゲノム解析のシンポジウムをお茶大で開催します。
Kobayashi, E., Yura, K. & Nagai, Y. のATPの動的構造解析論文(2013)がNature Communicationsに掲載されたMcCallum, V., et al (2019)の論文に引用されました。
Nakamura K, Kawabata T, Yura K, Go N.の新規銅配位タンパク質の推定論文(2003)がMicrobial Cell Factoriesに掲載されたArregui L., et al (2019)の論文に引用されました。
Kim, OTP. et al. による原生動物RF1の機能解析論文(2005)がBiological Communicationsに掲載されたNina Trubitsinaの論文で引用されました。
Kim, OTP. et al. (2006)のRNA界面予測の論文がFrontiers in Geneticsに掲載されたDeng L.らの論文で引用されました。
東京都医学総合研究所との共同論文がJournal of Anatomyに掲載された総説に引用されました。
Yoshihara, S., et al. (2001)のシアノバクテリア形質転換に関する論文がFrontiers in Plant Scienceに掲載されたAllen, CJ.らの論文に引用されました。
Kim, OTP. et al. (2006)のRNA界面予測の論文がRNA Biologyに掲載されたMacRae, AJ.らの論文で引用されました。
Kato, YS. et al (2014) のダイニン立体構造解析の論文がeLifeに掲載されたLacey, SE. で引用されました。
研究室に新しいメンバーが加わりました。
由良研の学生が生涯学習開発財団「博士号取得支援事業」助成金をいただきました。
活性を復活させたRhodopsinの研究がPhotochemistry and Photobiologyに掲載されました。
Yura, K., Miyata, Y. et al (2008)のナンジャモンジャゴケRNA editingの論文がNature Communicationsに掲載されたLiu et al.で引用されました。
東京都医学総合研究所との共同論文がNature Reviews Neuroscienceに掲載された論文に引用されました。
2019年4月から研究室メンバーが大きく変わります。
樋口明子らのSLC分子動力学計算研究をF1000Researchに収録しました。
ABCトランスポーターの論文がBPPBに掲載されました。
研究室の卒業生が第4回黒田チカ賞を受賞しました。
ヨハネスグーテンベルグ・マインツ大学からインターンシップ生を3ヶ月間受け入れ開始
Yura, K. & Go, M.のRNA editingとタンパク質構造に関する論文がPlant Physiology and Biochemistryに掲載された論文に引用されました。
お茶大作田研究室との共同研究論文がInsect Molecular Biologyに掲載された論文で引用されました。
ミル貝ゲノムの解析発表会開催
日越大学からインターンシップ生を2ヶ月間受け入れ開始
CBI学会2018年大会の「AMED/BINDSインシリコユニットにおける創薬支援研究」で由良が講演します。
研究室に新たなメンバーが加わり、修士号取得学生が卒業しました。
「生物物理」に由良執筆記事が掲載されました。
Hoshina, S., Yura, K., … Waga, S (2013)の論文が、Natureに掲載されたLi et al. で引用されました。
Yura, Go (2008)とYura et al. (2009)の論文がPlant Molecular Biologyに掲載されたEdera et al.で引用されました。
iMusta4SLCの論文がBPPBに掲載されました。
東京都医学総合研究所との共同論文がScienceに出版されました。

続きを見る