新着情報一覧

活性を復活させたRhodopsinの研究がPhotochemistry and Photobiologyに掲載されました。
Yura, K., Miyata, Y. et al (2008)のナンジャモンジャゴケRNA editingの論文がNature Communicationsに掲載されたLiu et al.で引用されました。
東京都医学総合研究所との共同論文がNature Reviews Neuroscienceに掲載された論文に引用されました。
2019年4月から研究室メンバーが大きく変わります。
樋口明子らのSLC分子動力学計算研究をF1000Researchに収録しました。
ABCトランスポーターの論文がBPPBに掲載されました。
研究室の卒業生が第4回黒田チカ賞を受賞しました。
ヨハネスグーテンベルグ・マインツ大学からインターンシップ生を3ヶ月間受け入れ開始
Yura, K. & Go, M.のRNA editingとタンパク質構造に関する論文がPlant Physiology and Biochemistryに掲載された論文に引用されました。
お茶大作田研究室との共同研究論文がInsect Molecular Biologyに掲載された論文で引用されました。
ミル貝ゲノムの解析発表会開催
日越大学からインターンシップ生を2ヶ月間受け入れ開始
CBI学会2018年大会の「AMED/BINDSインシリコユニットにおける創薬支援研究」で由良が講演します。
研究室に新たなメンバーが加わり、修士号取得学生が卒業しました。
「生物物理」に由良執筆記事が掲載されました。
Hoshina, S., Yura, K., … Waga, S (2013)の論文が、Natureに掲載されたLi et al. で引用されました。
Yura, Go (2008)とYura et al. (2009)の論文がPlant Molecular Biologyに掲載されたEdera et al.で引用されました。
iMusta4SLCの論文がBPPBに掲載されました。
東京都医学総合研究所との共同論文がScienceに出版されました。
Kamijyo et al (2015)の論文がInternational Journal of Developmental Biologyに掲載されたAlbuixech-Crespo, B. et al.で引用されました。
Gojobori et al (2017)の論文がAlzheimer's & Dementiaに掲載されたMaudsley S. et al.で引用されました。
2018年度が始まります。
O. T. Kim, K. Yura and N. Go (2006)の論文がThe Royal Society of Chemistryに掲載されたQin W.H. et al.で引用されました。
Hoshina, S., Yura, K., … Waga, S (2013)の論文が書籍DNA Replicationで何回も引用されました。
隣の千葉研究室との共同論文がScientific Reportsに出版されました。
iMusta4SLC が稼働開始しました。
CoDPが復旧しました。
Kaneko, et al. (2004)の論文がJournal of Applied Glycoscienceに掲載されたSuzuki, R. et al.で引用されました。
2017年度学生表彰式がありました。
Yura, Hayward (2009)の論文がBio-Algorithms and Med-Systemsに収録されたPtak M., et al.で引用されました。

続きを見る